田辺元記念哲学会 求真会


 哲学者・田辺元(1885-1962)を記念して設立された本会の名称は、田辺が晩年を過ごした群馬県北軽井沢にある記念碑(墓碑)にある「私の希求するところは真実の外にはない」という言葉に由来します。本会は、1977年(昭和52年)に、田辺の門下生や関係者によって設立された群馬大学求真会を前身とします。昨今は、奇数年(西暦)は研究発表会を実施し、偶数年(西暦)は田辺記念館のある北軽井沢を訪問するなどのイベントを行うことになっています。なお、本会の最新情報は、Facebookページにも掲載します。

    

 2019年度は、北軽井沢にて2019年9月6日(金)~7日(土)1泊2日で研究発表会(第21回求真会)を開催します。会場・宿泊地は「ホテル北軽井沢」です。田辺記念館訪問・墓参は2日目に

行います。

 

 今回の研究発表会では、「田辺元の宗教哲学」というテーマで、廖欽彬氏(広州中山大学、国際日本文化研究センター外国人研究員(9月から))、浦井聡氏(大谷大学助教)に提題発表をして

いただき、参加者を交えて議論するシンポジウムを開催します。また、例年行われている自由発表を2件予定しています。詳細につきましては下掲のPDFファイルをご覧ください。
 

 なお、2018年度の『求真』第34号は、先日発刊することができました。目次を「機関誌『求真』>『求真』各号目次」に掲載いたしましたので、ご覧ください。

ダウンロード
2019年度求真会研究発表会プログラム
2019求真会プログラム.pdf
PDFファイル 392.9 KB