■本会紹介


 田辺元記念哲学会求真会(以下、本会)は、1977年(昭和52年)に、哲学者・田辺元(たなべ・はじめ、1885-1962)の門下生や関係者によって設立された「群馬大学求真会」を前身とする非営利目的の学術団体・研究会です。1994年(平成6年)に「求真会」と改称され、2017年(平成29年)から、「田辺元記念哲学会 求真会」を正式名称、「求真会」を通称とすることになりました。

 

 本会の名称は、田辺元が晩年を過ごした群馬県北軽井沢にある墓碑銘「私の希求するところは真実の外にはない」という言葉に由来します。田辺の山荘は、現在、群馬大学北軽井沢研修所(田辺記念館)となっています。詳しい経緯は、下段の「■田辺記念館紹介」および「本会沿革」をご参照ください。

 

 本会の目的として、規約に「あらゆる学問や社会活動を通じて、真実を希求することを目的とする。具体的には、田辺哲学とそれに関連する思想をより理解するとともに、みずからの視野を広げ、思索を深めることで、社会に寄与することを目指す。」とうたっております。

 

  これに基づき、本会は、研究発表会などを開催し、1994年(平成6年)の創刊以来、ほぼ毎年、機関誌『求真』を発刊しています。「哲学研究」のみならず、諸活動を通じ「哲学する」ことを目指す点が本会の特色です。

 

 本会は、会員はじめ関心をお寄せいただいたみなさまからの寄付によって、運営が行われております。ご寄付の方法等につきましては、「ご寄付のお願い」をご覧ください。 

 

 また、活動の具体的内容についての詳細は、規約・入会」「機関誌『求真』活動案内などをご参照ください。お問い合わせ等は、「本サイトについて」をご覧ください。

■役員一覧


【代表】川井博義

【理事】相田麟三郎、伊藤益、川島烗三、黒田能勝、高木哲也、藤田正勝、村上隆夫

(五十音順・敬称略)

■事務局


[郵便物の宛先]〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学人文社会科学研究科

               哲学・思想専攻事務室内

 

※ 運営は、代表と筑波大学関係者の有志が、無償にて行っています。

  事務局(kyushinkai001@yahoo.co.jp)宛メールは、主に以下の通り分担して往返信します。

 

 ・会の運営・企画内容、ウェブに関する事柄・・・・・・・本会代表

 ・『求真』関連事項、入会・会計に関する事柄、その他・・・・有志

 

※ 昨今の諸情勢の変化などに伴い、運営人員の面や経済的側面等、多難な状況にあります。至らぬ点も多々あるとは存じますが、ご海容のほど、よろしくお願いいたします。

■田辺記念館紹介


 田辺元の住んでいた田辺山荘の敷地、および書斎と母屋は、田辺の遺言により、群馬大学に寄贈されました。

 

 現在、書斎はそのまま田辺記念館となっています。母屋があった場所には、1973年(昭和48年)に、群馬大学北軽井沢研修所が建てられ、現在に至るまで、それらは、群馬大学によって管理運営がなされています。

 

 現場の管理は、現在、茂木美代子氏が担当されており、田辺山荘の時代のままの状態を保存してくださっています。博物館等のように、常設展や一般公開などはしておりません。群馬大学北軽井沢研修所の利用方法などは、群馬大学ウェブサイトにてご確認ください。

 

 なお、本会との関わりは、「本会沿革」に詳しく掲載してありますので、ご参照ください。本サイトでは、「田辺記念館(群馬大学北軽井沢研修所)」、あるいは、「群馬大学北軽井沢研修所(田辺記念館)」という表記を用いますが、いずれも、田辺山荘のあった敷地内(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢字南木山大楢2032-242)のことを指します。

■田辺文庫紹介


 「田辺文庫」とは、田辺元の蔵書およびノート、日記、手帳、原稿など、田辺元の所有物(遺品)・執筆物などを概括した呼称です。現在は、京都大学附属図書館と、群馬大学総合情報メディアセンター(中央図書館)に「田辺文庫」があります。蔵書目録として、京都大学田辺文庫のものが1冊、群馬大学田辺文庫のものは、和漢書編・洋書編の2冊あります。京都大学関係者が運営されている京都学派アーカイブから閲覧可能です。

 

 以下、田辺文庫の成立の経緯を、2019年9月に本会による調査で発見した資料(下掲)などに基づき、紹介します。

 

1961年(昭和36年)9月、田辺山荘の蔵書を寄付する意志があることが、田辺元から群馬大学附属図書館に伝えられます。これに基づき、蔵書の一覧表が同大学図書館により作成されます。

 

1962年(昭和37年)4月29日、田辺元没。同年6月、田辺山荘の蔵書のうち、京都大学文学部に収蔵されていなかった和漢籍605冊、洋書807冊、計1412冊を、京都大学へ移送します。

 

1963年(昭和38年)9月、田辺山荘に残る和漢書3192冊、洋書2780冊、計5972冊のほか、雑誌やパンフレット類の、群馬大学学芸学部への受け入れが決定します。(移送は翌年11月)

 

1964年(昭和39年)3月、京都大学文学部から、同学部受入分の田辺文庫目録が刊行されます。

 

*京都大学文学部図書室編『田邊文庫目録』1964年、京都大学文学部図書月報、別巻第七

 

同年11月、群馬大学寄贈分を田辺山荘から群馬大学附属図書館学芸学部分館に移送します。

 

1965年(昭和40年)7月、群馬大学田辺文庫目録Ⅰ洋書編が刊行されます。

 

*群馬大学付属図書館学芸学部分館編『田邊文庫目録』(1)洋書篇、1965年

 

1967年(昭和42年)4月、群馬大学附属図書館機構の改正に伴い、田辺文庫が附属図書館本館へ移されます。

 

1967年(昭和42年)11月、田辺元の弟子、大島康正(東京教育大学・現筑波大学)により、田辺元の遺品(勲章・原稿・ノート等)が、群馬大学に移管されます。同年同月27日・28日、群馬大学附属図書館にて、「田辺元文庫遺品展」が開催されます。

 

1968年(昭和43年)3月、群馬大学田辺文庫目録Ⅱ和漢書編が刊行されます。

 

*群馬大学付属図書館学芸学部分館編『田邊文庫目録』(2)和漢書篇、1968年

 

2018年(平成30年)8月28日から9月26日まで、群馬大学総合情報メディアセンター(中央図書館)にて、ギャラリー展示「哲学者・田辺元が群馬に遺したもの~群馬大学中央図書館貴重書コレクション『田辺文庫』~」が開催されました。主催は群馬大学総合情報メディアセンターで、本会はこれに協力する形で参与しました。

 

 この展示会初日に、川井博義(本会代表)によるギャラリートークが実施され、同年、9月14日、本会臨地調査研修にて、群馬大学田辺文庫の見学・調査が行われました。近年の本会活動の詳細は、案内・記録をご参照ください。


2019年9月20日、本会による記念館残存資料記録保存プロジェクトにより発見された資料(「田辺文庫の整理経過について」群馬大学附属図書館作成、作成日時不明)