■田辺元関連図書


【一次文献(図書)】

・田辺元『田辺元全集』筑摩書房、1963年

・辻村公一編『田辺元』現代日本思想体系、第23、筑摩書房、1965年

・中埜肇編『田辺元集』近代日本思想体系、第23巻、筑摩書房、1975年

・長谷正當編、田辺元『懺悔道としての哲学・死の哲学』京都哲学撰書第三巻、燈影社、2000年

・黒田寛一編、田辺元『歴史的現実』こぶし書房、2001年

・小坂国継編、田辺元『仏教と西洋哲学』こぶし書房、2003年

・藤田正勝編、田辺元哲学選Ⅰ『種の論理』岩波文庫、2010年

・藤田正勝編、田辺元哲学選Ⅱ『懺悔道としての哲学』岩波文庫、2010年

藤田正勝編、田辺元哲学選Ⅲ『哲学の根本問題 数理の歴史主義展開』岩波文庫、2010年 

藤田正勝編、田辺元哲学選Ⅳ『死の哲学』岩波文庫、2010年

・田辺元『媒介的自律の哲学 田辺哲学イントロダクション』書肆心水、2013年

 

【一次文献(デジタル一般公開図書資料)】

・アンリ・ポワンカレ(田辺元訳)『科学の価値』岩波書店、1916年(NDL-DC

・田辺元『最近の自然科学』岩波書店、1920年(NDL-DC

・田辺元『科学概論』岩波書店、1923年(NDL-DC

・田辺元『カントの目的論』岩波書店、1924年(NDL-DC

・田辺元『ヘーゲル哲学と弁証法』岩波書店、1932年(NDL-DC

・田辺元『自然科学教育の両側面』文部省思想局、1937年(NDL-DC

・田辺元『正法眼蔵の哲学私観』岩波書店、1939年(NDL-DC

・田辺元『歴史的現実』岩波書店、1940年(NDL-DC

・田辺元『哲学通論』黎明社、1942年(NDC-DC

・田辺元『哲学と科学との間』岩波書店、1942年(NDL-DC

 

            ※ NDL-DC=国立国会図書館デジタルコレクション          

※上掲年号はNDL所蔵書の出版年であり、初出年とは異なるものがあります。

 

【一次文献(書簡)】

・竹田篤司・宇田健『田辺元・野上弥生子往復書簡(上・下)』岩波現代文庫、2012年

  (初出は岩波書店、2002年)

・『田辺元・唐木順三往復書簡』筑摩書房、2004年

・谷川徹三を勉強する会編『谷川徹三への手紙:田辺元書簡』同会、2014年

  

【二次文献(学術書・研究書)】

・高坂正顕『西田哲学と田辺哲学』黎明書房、1949年

・安倍能成・天野貞祐・務臺理作ほか11名『田邊哲學』弘文堂、1951年

・『哲学研究』第489号(田邊元博士追悼号)、京都哲学会、1964年

・家永三郎「田辺元の思想史的研究―戦争と哲学者―」

 『家永三郎集』第七巻、岩波書店、1998年所収(初出は法政大学出版局、1974年)

・南山宗教文化研究所編『絶対無と神―西田・田辺哲学の伝統とキリスト教』春秋社、1981年

・西谷啓治「西田哲学と田辺哲学」『西谷啓治著作集』第9巻、創文社、1987年所収

・氷見潔『田辺哲学研究』北樹出版、1990年

・武内義範・武藤一雄・辻村公一編『田辺元―思想と回想』筑摩書房、1991年

・西谷啓治・高坂正顕・高山岩男・下村寅太郎ほか『田辺哲学とは』燈影社、1991年

・村上嘉隆『田辺元―ある自己救済の軌跡』星雲社、2000年

・中沢新一『フォロソフィア・ヤポニカ』講談社学術文庫、2011年(初出は集英社、2001年)

・嶺秀樹『ハイデッガーと日本の哲学―和辻哲郎、九鬼周造、田辺元』ミネルヴァ書房、2002年

・伊藤益『愛と死の哲学―田辺元―』北樹出版、2005年

・子安宣邦『日本ナショナリズムの解読』白澤社発行、現代書館発売、2007年

・嶺秀樹『西田哲学と田辺哲学の対決―場所の論理と弁証法』ミネルヴァ書房、2012年

・合田正人『田辺元とハイデガー―封印された哲学』PHP新書、2013年

・菅原潤『弁証法とイロニー―戦前の日本哲学』講談社、2013年

・米村健司『田辺元と廣松渉―混濁した視差と揮発する痛覚のなかで』御茶の水書房、2015年

 

【その他】

・佐藤優『学生を戦地へ送るには―田辺元「悪魔の京大講義」を読む』新潮社、2017年 

 

 【京都学派関連(田辺元に焦点を当てる主なもの)】

・大橋良介『京都学派と日本海軍―新史料「大島メモ」をめぐって』PHP新書、2001年

・藤田正勝『京都学派の哲学』昭和堂、2001年

・竹田篤司『物語「京都学派」―知識人たちの友情と葛藤』中公文庫、2012年

 (初出は中央公論新社、2001年)

・小野寺功『絶対無と神―京都学派の哲学』春風社、2002年

・大橋良介編『京都学派の思想―種々の像と思想のポテンシャル』人文書院、2004年

・細谷昌志『田辺哲学と京都学派―認識と生』昭和堂、2008年

・酒井直樹・磯前順一編『「近代の超克」と京都学派―近代性・帝国・普遍性』以文社、2010年

・杉本耕一『西田哲学と歴史的世界―宗教の問いへ』京都大学学術出版会、2013年 

 (特に「第一章 京都学派における「歴史」の問題の萌芽―昭和四年前後の三木清と田辺元」)

・田中久文『日本の哲学をよむ―「無」の思想の系譜』ちくま学芸文庫、2015年

・檜垣立哉『日本哲学原論序説―拡散する京都学派』人文書院、2015年

・菅原潤『京都学派』講談社現代新書、2018年


※ 上記リストは、川井博義・本会代表(筑波大学非常勤講師)が2018年(平成30年)4月に作成しました。作成者や本会および会員諸氏の見解や主張とは関係なく、田辺元を取り上げた主な書籍を刊行年順(改版・再版されたものは初出年優先)に列挙しました。

■田辺元著作物の著作権について


 田辺元の著作権継承者は、「田辺賞設置委員会」であり、藤田正勝・本会理事(京都大学)がその代表となっております。